【豆知識】結婚指輪に入れる刻印とは?

誰かの結婚指輪の内側を見たことがありますか?
おそらくそんな機会はあまりないと思いますが実は74%の人が結婚指輪に刻印を入れています(Wedding Parkより引用)。
半分以上の人が結婚指輪に入れている刻印。
今回は指輪に2人だけのオリジナリティを添える刻印についてご紹介したいと思います。

刻印するメリットは?

刻印をするメリットはいろいろありますが、2人だけのオリジナリティある指輪にできることが一番のメリットです。
また落としてしまった時にも自分のだとすぐ分かるために入れる人や、結婚・婚約した年を刻んでいたおかげで今が結婚〇周年だと分かったなどメリットは人によって様々です。

刻印を入れるために知っておくべきこと

刻印を考える前に知っておくべきこととしては、まず刻印できる「文字数制限」があります。
指輪のデザインやサイズにもよりますが、一般的には15字~20字程度です。
デザインによって異なるためまずは指輪のデザインを決めて何文字程度入れることができるのか相談しましょう。

定番の刻印はイニシャルや記念日

定番は2人のイニシャルを入れることです。
イニシャルの入れ方は結婚指輪と婚約指輪で少し異なります。
婚約指輪は男性から女性への贈り物なので「男性イニシャル to 女性イニシャル」、結婚指輪の場合は2人でつけるので「男性イニシャル & 女性イニシャル」といった形で入れるのが多いようです。
また、名前と一緒に記念日を一緒に入れるのが一般的です。
記念日と2人の名前を入れると15文字以上になってしまう場合が多いのでイニシャルにすることで他のメッセージを入れることもできます。

英語でのプロポーズも人気

英語のメッセージで有名なのをいくつか紹介します
・stand by me(私と一緒にいて)
・pure love(純粋な愛)
・I love you(愛しています)
・One love (1つの愛)
・Love Forever(愛は永遠に)
・Heart to Heart(心を込めて)
・Now and Forever (今もそしてこれからも)

イラストを入れたい人

実は指輪に刻印できるのは文字や記号だけではありません。
動物や星など簡単なものであれば手書きのイラストを刻印してもらえる場合があります。
手書きの場合はセミオーダーメイドのような形になるため通常の刻印よりも時間がかかる可能性があります。
また、有名ブランドでは手書きイラストを扱っていない場合があるためオーダーメイドに対応している指輪工房を探すようにしてください。
memoringもフルオーダーメイドなので相談しながら刻印を決めることもできますので是非活用してください。

刻印にかかる費用や時間はどれくらい?

刻印にかかる時間は一般的な文字で2~3週間くらいと言われています。
結婚式には間に合わせたいのであれば余裕を持って1か月は見ておくことをおススメします。
もし、結婚式に間に合わない場合でも後から刻印を入れてくれるサービスもあるので購入の際にチェックしてみてください。
費用についてですがイニシャルや記念日等の簡単なものであれば無料で行ってくれる場合が多いです。
ユニークなモチーフなどになると有料になる場合があるのでショップで相談してみてください。

刻印をするにあたってショップで質問すべきこと

①刻印できる文字数
②刻印にかかる日数
③刻印にかかる費用
④購入後いつまで刻印が可能か
この4つは最低限聞いておくことでトラブルを避けることができると思います。

いかがでしたでしょうか。多くの人が2人の想いを込めるため指輪に刻印を入れています。簡単に入れることができるので、結婚した後もふとした時に昔を思い出せるような指輪を作ってみてください。

オーダーメイド結婚指輪ならmemoring!

いろいろ考えたけど結婚指輪はオーダーメイドで1から創りたい!そんな人におススメなサービスがメモリングです。メモリングならデザイナーと直接相談しながら結婚指輪を制作できます。また、直接デザイナーとやり取りをするため、他のブランドよりもリーズナブルに結婚指輪をご用意することも可能です。現在オーダーメイドでの結婚指輪をご検討であれば、ぜひメモリングにご相談ください。

memoringについてもっと詳しく知る!
メニューを閉じる