ダイヤの決め手 ダイヤモンドクラリティとは?

多くの人が結婚指輪に欠かせないものとして考えるのが「ダイヤモンド」だと思います。
多くの方がダイヤモンドを当たり前のように選んでいますが「良いダイヤモンド」とは何かご存知でしょうか。
販売員さんとダイヤモンドについて話していてよく聞くのは「カラット」だと思います。
カラットはダイヤモンドの重さを測る単位ですがダイヤモンドの価値はそれだけではありません。
今回はそんなダイヤモンドの価値について説明したいと思います。

ダイヤモンドの価値を決める”4C”

ダイヤモンドの価値は「4C」で決まると言われています。
それは「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」ですこの4つのCのグレードによってダイヤモンドの価値は変わります。
グレードがあがればあがるほど稀少性が高くなり価値も高くなると言われています。

ダイヤモンドクラリティとは

ダイヤモンドの価値を表す4Cの中でも意外と知られていないのが「クラリティ」です。
クラリティは英語の「clarity」から来ており「透明度」と訳します。
ダイヤモンドの透明度を表すものとなっています。
ダイヤモンドのブレミッシュ(キズ)や欠け具合、インクルージョン(内包物)と呼ばれる埃等がどれほど含まれているかで決まります。
ダイヤモンドは天然の石なので完全にインクルージョンが無いものはありませんが、純度が高ければ高いほど価値も高まります。

クラリティグレードとは

ダイヤモンドのクラリティグレードは米国宝石学会(GIA)で決められており、その評価基準は6つのカテゴリーと11のグレードで決まっています。
ここまで聞くと少し難しく感じますが、6つのカテゴリーをダイヤモンドのランクだと思って大まかに考えていただければ大丈夫です。次からそのカテゴリーについて説明します。

①FL:フローレス
 10倍の倍率でインクルージョンおよびブレミッシュが見られないもの。
 一般の市場では出回らないほどの稀少価値があるため手を伸ばしにくい。

②IF:インターナリーフローレス
 10倍の倍率でインクルージョンが見られない
 市場に出回っているものでは最高の価値がある。FLと同様高価である。

③VVS2およびVVS2:ベリーベリースライトリーインクル―デッド
 熟練のグレーダーが10倍の倍率で見ても発見が困難なほどにインクルージョンが非常にわずかである。市場に流通しているものとしては非常に優秀な価値がある。

④VS1およびVS2:ベリースライトリーインクルーデッド
 10倍の倍率でなんとかインクルージョンが見つけられるが微小。

⑤SL1およびSL2:スライトリーインクルーデッド
 10倍の倍率でインクルージョンが確認できる
 比較的小さなものであれば肉眼で内包物は見えないが大きなものになるとたまに確認できることもある。

⑥I1およびI2およびI3:インクルーデッド
 10倍倍率でインクルーデッドが確認でき、透明度や輝きに影響を与える可能性がある。
 多くのものは鑑定書も不随しておらず、結婚指輪等で使われることはほとんどない。

選ぶべきダイヤモンドのグレードとは

これまでクラリティのグレードについて話しましたが、次に実際買う時にはどのグレードのものを選ぶべきかお話します。
結論から述べると現実的でかつ品質も良いのはVSまたはSLのダイヤモンドです。
FLやIFのものは非常に高価です。
VSまたはSLグレードのものであればキズや内包物があっても拡大鏡で見ないことには発見できないレベルのモノが多いです。
実際に自分の目で確認してキズなどが見えず気にならないのであれば選択肢としておススメします。

おわりに

いかがだったでしょうか。ダイヤモンドの価値を測る尺度の1つであるカラットはよく耳にすると思いますが、クラリティもダイヤモンド非常に重要な尺度の1つになります。
どういったものなのかを知っているだけでも販売員さんとの会話もスムーズに進みます。
ぜひ指輪を決める際の判断基準の1つにしてみてください。

オーダーメイド結婚指輪ならmemoring!

いろいろ考えたけど結婚指輪はオーダーメイドで1から創りたい!そんな人におススメなサービスがメモリングです。メモリングならデザイナーと直接相談しながら結婚指輪を制作できます。また、直接デザイナーとやり取りをするため、他のブランドよりもリーズナブルに結婚指輪をご用意することも可能です。現在オーダーメイドでの結婚指輪をご検討であれば、ぜひメモリングにご相談ください。

memoringについてもっと詳しく知る!
メニューを閉じる